印鑑とは

印鑑は日本人にとって生活に欠かせない大切なものですが、世界の大多数の人にとってはあまり馴染みがないようです。私達日本人は幼い頃から、周りの大人達が荷物を受け取る際に押す印鑑、学校に提出する書類に押す印鑑などを目にして生活に密着しているあまり、印鑑の意義、有効性、成り立ちに関しては案外無関心なものです。とりあえず大切なものという認識があるので、初めての海外旅行に貴重品として印鑑を持って行ってしまった人もいるのではないでしょうか。

もちろん渡航先では必要ありませんね。そこで初めて印鑑は日本国内でのみ有効なのだという事実に気が付くでしょう。ちなみに現在欧米を中心とした国際社会では印鑑の役割を果たすのは本人直筆のサイン(署名)です。印鑑は判子を持ち歩かなければならないので大変ですが、サインなら身一つで可能ですから便利といえるでしょうか。印鑑やサインの目的はそもそも、その書類に記載されている内容を最終的に本人が承諾したという意思を示す法的な力を持つものです。

どちらも使い方を誤ったり、偽造されたりすると大変なことになります。印鑑は失くしたり、忘れたりする弱点があり、サインは真似されやすい、本人直筆かどうかの鑑定に手間がかかる、健康状態によっては本人直筆が不可能になる等、どちらもそれぞれ弱点はあります。長い歴史の中で、世界各地で印鑑と署名の両方が使われており、取り入れられ具合も時代によって変化してきました。今現在、意思確認を示す方法として日本では印鑑捺印が主流であり、欧米中心とした国際社会ではサインが有効であるというわけです。

印鑑のはじまり

印鑑の発祥は諸説あり、紀元前5000年頃のメソポタミア(現在のイラク)、あるいはそれ以前から使われていたとも言われています。私達の使う小さなものとはちがい、石などに絵や文字を彫ったスタンプや、あるいは筒状のものを泥や粘土の上に転が・・・

印鑑の種類

普段私達個人が日常で使用するのは、不動産契約など重要な時に使う実印、それから郵便や宅配便の受け取りに使われる認印の2つです。実印は印鑑登録制度に基づいて、住民登録のある市区町村に登録する必要があります。重要な取引の際に・・・

印鑑で開運?

開運を謳った判子屋さんをよく見かけます。使う判子によって人の運勢が変わるということでしょうか。子供の命名の際に字画を気にしたり、姓名判断を信じたりする人が多いことからもわかるように、私達日本人は、名前は自分の運命を背負う非常に大切なものと捉える風習・・・